HOME>特集>仲介会社等の利用の際には様々な点を確認して比較しよう

目次

効率良くビジネスの拡大を目指そう

人形

自社の弱い部分を補強出来るような技術を手に入れて同業他社と差を付けたい、人材の構成比がいびつでその足りていない層を補強したい等という理由で、企業買収を考えている企業も多いようです。さらには全くの別業種の企業を買収することにより新規事業に素早く進出する等の目的で利用する企業も増加傾向にあり、最近の市場の過熱ぶりは目覚ましいものがあります。企業買収の際には対象の企業を決定し、交渉を経て実際の買収という流れになりますが、それらの工程を全て自社のみで行う事は難しいでしょう。

仲介会社を選ぶ際の比較ポイントとは

社員

企業買収の際に頼るのがM&A仲介会社や企業買収の仲介業務を行っている銀行や商工会議所です。これらの選び方はまず買収しようとしている企業の規模です。一般的に銀行等は10億円オーバーの大企業、M&A仲介会社は中小や零細企業の買収等を担当します。その他、これらの機関にはそれぞれ企業買収の際に、様々なサービス内容の違いがあります。M&A仲介会社は最適な買収相手を探してくれたり、その後の両者のケアを行ってくれたりと細やかなサービスも提供してくれます。さらにM&A仲介会社には企業買収以外にも税理士等の関連分野のスペシャリストが在籍している事も多く、ワンストップで企業買収が行える場合があります。その他、薬局等の医療部門に強い所といった特定の分野に強いといった所もあるので、そういった点も調べておきましょう。

広告募集中