会社を売るために選ぶ

男性

M&Aとは、会社を吸収合併することです。例えば、経営者が自分の会社が赤字でそのまま存続するのが難しいと考えた場合には、売却をすることによって倒産を避けることができます。その時には、M&Aをする目的を明確にする必要があります。目的は様々ありますが、一つは会社の存続です。上場している企業ならば、倒産してしまうと株主自体に損害を及ぼしてしまう可能性があるため上場した状態でほかの会社により渡すことにより、多くの問題を回避することが可能になります。また、売り渡す場合でも従業員を解雇せずそのまま雇ってもらえば従業員たちも救うことができます。このように、M&Aをするときの目的といっても様々なものがありますので、その点を明確にしてから仲介してくれる会社を探しましょう。

相手の会社の規模を理解する

BUSINESS

M&Aとは、会社同士の合併のことですがあまり規模も違う会社同士が合併してもうまくいかないことが多くなります。そこで、まず仲介する企業にお願いして自分の会社と同じような大きさの会社を選んでもらうのがよいです。ある程度バランスが取れていれば、存続して続けていける可能性が高くなります。それに加えて、業種が同じようなところを選ぶ必要があるでしょう。例えば、食品を作っている会社ならば、同じ方向性の会社を選ぶことでそのまま存続していける可能性が高まります。従業員の立場も考えた場合、全く違う業種や仕事のやり方が異なってしまうよりも、現状と似た会社と合併することで同じような方向性で仕事を続けていくことが可能になります。そうすることで、従業員の負担が大きく減るでしょう。

担当者との相性やその実績を考える

手を広げる人

M&Aで担当会社を選ぶ場合には、担当者との相性をよく考える必要があります。担当者とは、自分の会社と別の会社を結びつける役割を果たしてくれる人です。見方を変えれば、アドバイザーとしての役割を果たしてくれるといえるでしょう。アドバイザーですので、専門的な知識を持っているだけでなく、より有利な方向で会社と会社をくっつけてくれる立場になります。そのため、担当者選びはとても重要になるでしょう。担当者がよければ、それだけ順調にM&Aが進む可能性があります。逆に、担当者との相性があまり良くなければ、順調に進まない可能性もあるため時間とお金ばかりがかかってしまうことになります。もし、別の担当者に変えてほしい場合はチェンジをすることも可能になるでしょう。次に、実績や経験もよく理解しておく必要があります。M&Aを行う場面では、仲介してくれる会社の経験がとても重要です。経験が高ければ高いほどより魅力的な条件を考えてくれます。

広告募集中